月別アーカイブ: 2009年1月

2009年1月24日

ウイーン滞在2日目の今日、VIPクラブウイーンの第1回定例会が行われました。

場所は、ウイーンの中心にある、エスターハージーケラーというレストランでした。エスターハージーとは、ウイーンで栄えていた、エスターハージー家という貴族の名前です。昔は、エスターハージー家のワイン倉庫だったところが、現在レストランになっているわけです。ウイーンにはそんな場所がたくさんあります!

ケラーなので、入り口を入るとすぐ地下に行く階段があり、ありの巣のように道が分かれて、小さな部屋がいくつもあるのです。(下の写真)

第1回ということで、人数が集まるのかな〜と内心あまり期待していなかったのですが(失礼)、35名の参加者があり、最初に予約していた部屋をもっと大きなところに変えてもらわなければならないほどでした!感謝!

その中には、なつかしい顔ぶれもあり、また新しくウイーンに来られたという人も多くて、まさに異業種交流の場という、VIPクラブ本来の意義を果たしているように見えました。

私は20分ほどの賛美と証の時間をいただきました。集会後、「明日の私の教会の礼拝で歌ってほしい」といきなりのオファーをいただいたり、「ウイーン滞在中にまた演奏するときがあったら教えて」と名刺をいただいたりして、とってもうれしかったです。神様にも、みなさんにも喜んでもらえたのかなと思います。

ということで、明日の朝、ウイーン3区の教会で歌うことになったので、もう寝ます〜

忙しくも楽しいウイーン滞在になりそうです♡

伴奏:柳澤ひかるさん

esterhazykeller.jpgvipwien1.jpgvipwien2.jpgvipwien3.jpg

2009年のコアシューレは・・・

今年最初のコアシューレ(歌の学校)が行われました!

去年は、バッハのマタイ受難曲から2曲のコラールを選んで歌いましたが、今年は、ヨハネ受難曲の中から選曲をしました。

同じ受難曲でも、それぞれの曲の作り方が違ったり、同じメロディーを歌詞や和声を変えて挿入したり、バッハは本当にアレンジの天才です〜

歌詞に込められた作者の思いや、バッハの計算された和音進行 など、知れば知るほど面白いです!今年もたのしんで歌って行きたいですね!

ありえない〜!?

うちの姉の話なんですが、このあいだ「歯がぐらぐらする」といって、歯医者に行ったら、なんと乳歯がまだ残っていたらしくて、それを抜いてもらってきました!

永久歯の陰にかくれて、ちょこっと見え隠れしていたそうなんです。前から「何かあるなあ」とは思っていたんだそうですが・・・

乳歯って・・こんな歳まで残ってるもんなの!?

震災から14年です

阪神大震災から、今日で丸14年が経ちましたね。

私はその頃、京都に住んでいたので、かなり大きな揺れを体験しました。

寝ていたベッドの横には、全面に大きなガラス張りの飾り棚があり、さらに真上には、私の背丈ほどもあるような長くて大きな額縁がかけてありました。

飾り棚の中のものは、ぐちゃぐちゃに壊れてしまったにもかかわらず、ガラスは少しも割れずに、私のベッドに降りかかることもありませんでした。 額縁も落ちてきませんでした。今から思えば、本当に奇跡のようなことだったと思います。

知り合いの中には、大きな被害にあった方もいましたが、避難所で知り合った人と結婚した友人もいましたし、多くの人がいろんな意味で、人生の大きな変化を経験されたのではないでしょうか。

まだまだ癒されない、被災された多くの方々の上に、神様の慰めと励ましがありますように。

2009年1月16日

岐阜市:岐阜グランドホテルの最上階のレストランにて、コンサートをさせていただきました!

このホテルは、長良川沿いにある老舗のホテルで、毎月1回、ランチコンサートを開催し、主に地元出身の演奏家が出演しているのです。

2009年初めの、しかも第40回目のランチコンサートということで、私も気が引き締まる思いで臨みました。

賛美コンサートと違って、神様のこともあまり言えないかもしれないなあ、と思ったのですが、意外とトークの自然な流れの中で、証しすることが出来ました!感謝!

教会などクリスチャンやキリスト教に興味のある人たちばかりではない、今回のような場所でのコンサートの機会を与えてくださった神様に感謝します。

そして、ホテルのスタッフの方々が皆さん本当に親切で温かかったことも、感謝でした〜!

伴奏:河合美貴子さん

gifu-grand1.jpggifu-grand2.jpg