カリタス

今日は、カリタス(Caritas)という、カトリックの慈善事業団体が経営している老人ホームで、コンサートをさせていただきました。

カリタスは世界中にありますが、ウィーンのカリタスは町の中心近くにある大きな施設でした。

そこでは定期的に催し物をしていて、4月は「桜について」というテーマだったので、着物を着て日本の歌を歌ってほしいという要請でした。

私は今まで自分で着物を着たことがなかったので、ウィーン日本語教会の牧師夫人の輝さんと一緒に前夜、着物を着る練習をしました!

写真入りの手引書を見ながら着物と格闘しましたが、最初はさんざんな着付けになってしまって、明日なのに大丈夫だろうか、と青ざめました〜

でも、次の日には、見違えるほどうまく着ることが出来ました!感謝!

着物で歌うのは帯が苦しくてつらいなあと思っていましたが、案外楽に歌うことも出来て、ホームの皆さんにもとても喜んでいただけました。

コンサートの後、94歳のおばあさんが車いすでピアノのそばに寄ってきて、いきなりピアノ曲を華麗に弾きだしました!昔ピアニストで、音楽の先生もされていたそうです。

このような方々がたくさんいる国なんですね〜

伴奏:建田亜子さん

caritas1.jpgcaritas2.jpgcaritas3.jpgみんなでさくらを歌いました!

caritas4.jpgcaritas5.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>