月別アーカイブ: 2011年3月

2011年3月24日

滋賀県草津市にある、びわこ学園医療センターにて、ミニコンサートをさせていただきました。

先月28日に、一度見学に行ったことを日記に書いているので、覚えておられる方もいらっしゃると思いますが、うちの教会の牧師夫人がお勤めしているところです。

重度の心身障害者の方々がすごされています。

コンサートでは、たくさんのベッドがピアノの周りに集まってきました。自分では起き上がることも、歩くことも出来ない人たちです。ベッドごと運ばれてきたのです。

それでも歌が始まると、うんうんうなったり首や指をかすかに振ったり、とびっきりの笑顔になったり、と、それぞれに反応してくれてとっても嬉しかったです!

この学園でよく歌われる歌で、「ともだちになるために」という曲があります。

『友達になるために、私たちは出会うんだよ』という、素朴でシンプルでストレートな歌詞がとっても気に入り、今日もみんなで歌いました。

与えられたいのちを、懸命に生きている人たちを見ると、私もがんばろう!と身の引き締まる思いになります。

p1040943.JPGp1040950.JPG

東日本大震災

大変なことになっていますね。

ニュースを見ていると、毎日被害が大きくなっていて、心が痛む日が続きます。

被災された方々に、神様の恵みと平安があり、一日でも早く普通の生活にもどることができますように!

4月9日(土)に、私の事務所がある大阪クリスチャンセンターで行われる、チャリティコンサートに出演することになりましたので、みなさんぜひいらしてください!

他にも、4月のフィンランドでのコンサートがチャリティになりました。どうぞお祈りください。

レコーディング

震災のニュースで心が痛む毎日ですが、今週は4枚目のCD録音を行いました。

今回のCDのテーマは、「聖霊の風」です。

全体に、流れるそよ風や広がる翼などを感じさせる曲を選び、さわやかな息吹、神様の愛や希望を届ける風を1枚に収めたいと思いました。

毎回、CD録音はとっても大変で、突発的に熱を出したり、1曲ごとに横になって休んだりしながら録っていくのです。それだけ集中するというか、普段と違うハイテンション状態が続くので、身体がそういう反応を起こすのでしょうね。

今回も、野田常喜さんのピアノアレンジが炸裂し、素晴らしいものが出来そうです!

このような日本全体が力をあわせて祈りあい、励ましあわねばならないときに、このCDを作ることになったのも、何か神様のご計画があると思います。

各地で予定されている賛美コンサートも、チャリティにしようという動きになっています。

何も出来ないですが、歌で人々に希望や平安を伝えることが出来たら、と思います。

p1040910.JPGp1040913.JPG

春の宵 コンサート

京都市:ノーザンチャーチ北山教会にて、「春の宵」コンサートをさせていただきました。

美穂のオフィシャル後援会「みぽぱんクラブ&ヴィエナ」が発足した記念のコンサートでした。

今回は、前半は着物を着て、春にちなんだ日本の歌を演奏しました。

harunoyoi1.jpgharunoyoi2.jpgこの日のために、いちおう着付けを習ったのですが、結局本番はプロの着付けの方にお願いしました。。。自分できちんと着るには、まだまだ修行が足りません〜

北山教会は、3年ほど前に一度コンサートをして、とっても響きがよかったので、今回も楽しみでした。

後半は、ドレスに着替えて、世界各国を訪問したときのお話を交えながら、各国の言語で讃美歌を歌いました。

この日、ちょうど東北のほうで世界最大級の地震が起こり、関西はほとんど揺れを感じなかったので、コンサートが終わった後に状況を知り、びっくりしました。

忘れられない日となりました。

織物工場見学

今週11日のコンサートで、着物を着て歌うことになり、友人からいただいた着物に合う帯を、お借り出来ることになりました。

今日は帯を作っておられる工房を訪問し、いろいろな帯を見せていただき、奥にある仕事場も見学させていただきました!

p1040886.JPGp1040883.JPG機械で織っていくのですが、本当に緻密な作業で、感動しました!伝統工芸の素晴らしさですね!

p1040894.JPG 機織り機の後ろには、たくさんの糸が!これで500本です。模様が細かくなればなるほど糸も多くなり、3000本の時も!

一つの帯を織り上げるだけでも、たくさんの職人さんの手を通って出来上がるのだなあと思いました。

11日のコンサートでの着物、特に帯に注目してくださいね☆