月別アーカイブ: 2011年7月

2011年7月18日

3連休の最終日は、滋賀県栗東市のさきら大ホールで、ジーザス・ミュージック・フェスティバルに出演しました。

滋賀県内のたくさんの教会が協力しあい、いつも様々な催しをしていますが、今回はテレビ牧師で有名な中川健一先生を迎えての大々的な企画でした!

賛美も聖歌隊やゴスペル、フラダンス、キッズダンスなど、様々ありました。

私はコアシューレとゴスペルクワイヤー、そしてソロの演奏と、いろいろださせてもらい、大変だったけど楽しかったです!

ゴスペルとドイツ音楽(コアシューレ)は全然違うようなイメージですが、この5年ほどでどちらも指導させていただく中で、私の中であまり両者の差がなくなってきているのを感じます。やっぱり歌の基本は同じだと、思います。

特にゴスペルクワイヤーは、普段は5つの独立したクワイヤーですが、今日はそれが一つとなって歌うことが出来たのも、なかなかない機会で、よい経験になったと思います。

世界や全国各地に行くのも好きですが、こうして地元といえるところに根付いて、仲間たちといろいろ一緒にやって行くことが出来るのも、本当に感謝なことだなあと思います。

伴奏:野田常喜さん

p1060136.JPGMiho’sゴスペルクワイヤー。お揃いのTシャツで☆

p1060140.JPG 野田氏にもTシャツ着てもらいました〜

p1060141.JPGもう一人の音楽ゲスト・菅原早樹さんと。

2011年7月17日

東大阪福音教会にて、賛美礼拝をさせていただきました。

会堂にステンドグラスが映える、趣のある教会でした。

時間はどれだけでも使ってください!と言われたので、45分ほどいただいて賛美と証の時を持ちました。賛美の後に、藤長牧師のメッセージがあり、私の賛美のテーマを上手に取り入れてくださって、恵まれた礼拝になりました。

コンサートだからとお友達に誘われて、初めて教会に来られた方もいて、礼拝の後の昼食にも残られて楽しそうでした。

p1060132.JPG ハレルハレル!の演奏。

この教会は特に婦人がたが元気で、そして誠実に教会に仕えていらっしゃるのがわかりました。

またぜひ訪問したいです☆

2011年7月16日

滋賀県長浜市:リュートホールにて、ピアニストの友人の松島直子さんのピアノ教室の発表会があり、その音楽ゲストとして演奏をさせていただきました!

前半はかわいい生徒さんたちの演奏があり、習い始めたばかりの子供から、中学生のお姉さんまで、入れ替わり立ち替わり様々な曲を披露してくれました。

私は4歳からピアノをはじめましたが、当時はいやでいやで仕方なかったのですが、もちろんそんなことは子供たちには言えず・・・(笑)、しっかりがんばってね!と声をかけました!

そして後半は、松島さんのピアノソロと、私たちの演奏でした。全部で5曲を歌いましたが、オペラ「椿姫」のアリアなど、普段の教会でのコンサートではなかなか歌う機会のない曲を歌うことが出来、またホールもとてもよい響きだったので、楽しかったです!

また、長浜教会のみなさんも応援に駆けつけてくださり、うれしかったです☆

p1060108.JPGp1060125.JPG

子供たちが益々楽しんで音楽に親しんでもらえたらいいなあと思いました。

Lotosblume〜蓮の花〜

今日は朝早く起きて、琵琶湖博物館のとなりにある、水性植物園のあたりに群生している蓮の花を見に行きました!

朝6時に出発し、途中でコンビニで朝食を買って持って行きました。

早朝だというのに、もうこの時間からお日様がかんかん照りで、気温も30度を超えていました・・・。蓮のあたりを散歩していても、とにかく暑い!ので、早々に木陰に腰を下ろし、朝食をいただきました。

p1060101.JPG 遠くまで広がる蓮たち!

今回はまだ花が咲いているのが少なかったようです。一昨年くらいに行った時は、もっといっぱい咲いていました。それでも、よく見ると大きなつぼみがたくさん付いていましたよ〜。

朝早く行くと、花びらが開く時に出る”パンッ”という音が聴けるそうなのですが、まだこれだ!という音は聴いたことがありません。

シューマンの歌曲「Lotosblume(蓮の花)」には、蓮の花は夜に月の光を待っている・・・という歌詞になっています。本当にそうかはわかりませんが、この曲のおかげで私には夜の花というイメージがあります。

夜の涼しい時に、ここに来たら幻想的だろうなあ〜と思いました。p1060103.JPG開いた手よりも大きな蓮の花☆

2011年7月12日

岐阜県:上石津にある、昭和音楽村のホールで、小学校の音楽鑑賞会のゲストとして演奏させていただきました。

昭和音楽村とは、上石津出身の作曲家・江口夜詩さんを記念して数年前に建てられたものです。江口さんの作品をはじめ、昭和の様々な時代に流行った曲が展示されていて、興味深かったです。

ホールは小規模ですがきれいな木目の、よいホールでした。

前半は小学校の音楽の時間で習う曲を数曲、歌いました。昔から変わらない懐かしい曲もありましたが、聴いたことのない新しい曲もあり、教科書も変わっていくんだなと思いました。

後半は、クラシックの曲・ドイツ歌曲やオペラのアリア、ピアノソロの曲を聴いていただきました。最後に、児童たちと一緒に歌ったりもして、楽しいひとときになりました! 子供たちはとても元気に、そして音程も意外と(失礼!)ちゃんと歌ってくれました。

いろいろな学校で演奏する機会がありますが、聴く姿勢も学校によって様々で面白いですね☆

伴奏(ソロも):河村義子さん