月別アーカイブ: 2013年12月

近江聖書教会クリスマスティータイム

第3アドヴェントの今日は、久しぶりに自分の教会で礼拝を守ることが出来ました!

礼拝のあとは、クリスマスティータイムということで、祝会をしました。

近江聖書教会のメンバーは、芸達者なひとがそろっているので、独唱やデュエット、劇やゲームなどなど、とっても盛り上がりました!

小さな教会ですが、笑顔が溢れるこの教会が大好きです!

pc150047.JPGpc150048.JPG

2013年12月14日

大阪府池田市:池田中央教会にて、クリスマスコンサートをさせていただきました。

阪急宝塚線に乗るのは久しぶりでした。池田も初めて訪れた地だと思います。

池田中央教会は、閑静な住宅街にあり、きれいなクリスマスのイルミネーションがされていました。

会堂は天井が高くて、自然な音響だけでも歌えそうな感じでした。本番ではマイクも使いましたが、生の感じを残しつつ、という感じで良かったと思います。音響や照明をしてくださった教会のみなさんに感謝です。

今日は、大阪キリスト教書店さんもお店を出してくださり、クリスマスグッズなどで、クリスマス気分も一気に盛り上がったようです。

伴奏(ソロも):野田常喜さん

pc140040.JPGpc140042.JPG

2013年12月13日

滋賀県甲賀市:甲賀キリスト福音教会にて、クリスマスコンサートをさせていただきました。

もう5年連続呼んでいただいているこの教会は、以前はフィンランドの宣教師が牧会されていたので、北欧風の素敵な会堂です。

5年も毎年コンサートをさせていただいていると、内容が同じになってしまって、皆さんが飽きてしまわないかな〜と、ちょっと不安になります。特に、クリスマスとか季節も同じだと、曲もほとんどおなじになってしまいます(笑)

でも、自分自身の証しは変わるものではないし、お客様も全員同じなわけではありません。初めて私の演奏を聴く人もいるだろうし、教会に初めて来た人もいるかもしれません。

そう思うと、毎年聴いてくれる人にとってはマンネリであっても、誠実に神様のことを証しすればよいのだ、ということに行き着きます。私にとって歌うということは、”私”を出すのではなく、イエスさまのことを紹介するためなので、たとえ100人中1人でも、このコンサートでイエスさまに初めて出会った人がいるなら、それは私にとっては大成功なのです。

今年は、教会外の人が3分の2を占めていたと、後から聞きました。感謝です!

伴奏(ソロも):野田常喜さん

pc130010.JPGpc130028.JPG

2013年12月8日

奈良福音教会にて、クリスマスコンサート礼拝をさせていただきました。

ドイツのハンブルク日本語教会の牧師・井野葉由美先生の出身教会でもあるので、前から親しくしていただき、交流はあったのですが、今回は約5年ぶりの訪問だったので、懐かしく思いました。時の経つのは速いですね!

教会の皆さんは、いろいろな年代がまんべんなくいるという感じで、活気がありました。ゴスペルクワイヤーと聖歌隊がどちらもあって、それぞれがうまく共存?して、役割を果たしている感じでした。

いずれにしても、賛美が大好きな教会ということはとてもよくわかりました!歌う歌1曲1曲にとても大きな反響があり、今日はパワーポイントで歌詞を出さなかったのですが、かえってみなさん私の歌に集中してくれて、ちゃんと歌詞を聞き取ってくださっていたので、良かったと思います。

また、久しぶりに坂本真紀さんに伴奏もお願いし、共演出来たことも嬉しかったです。

pc080053.JPGpc080049.JPG

2013年12月7日

今年もやってきました!ミュージカルの日が!

歌の学校コアシューレがメインメンバーとなって、毎年行われる湖南地区クリスマス。今年は、イエスキリストの受難と復活を描いた「十字架の愛」を上演しました。

クリスマスというと、明るく楽しいイメージですが、今回はテーマが受難なだけに、あまり楽しい場面は多くありませんでした。けっこう心が重くなる場面もあり、この時期に受け入れられるかなという思いはありました。

練習の時も、みんな仕事が終わってから来るので、メンバー全員が集まることは結局1回もありませんでした。それでも、出来ることをみんなが差し出してくれ、本番はとてもよいものに仕上がりました!

聴きに来てくれた人も、「毎回とてもよくなる!」という声もあり、本当に感謝でした。

来年は12月6日(土)です。みなさんご期待ください!

pc070041.JPG